光回線比較記事

NURO光とドコモ光を7つの視点で比較!果たしてどちらがおすすめなのか?

更新日:

NURO光とドコモ光を比較

 

ドコモ光は大手携帯電話会社であるdocomoが提供している光回線サービスです。

 

 

docomoは知名度が高く契約者数も非常に多いので、ネットもdocomo光にしようという方も非常に多いです。

一方、NURO光は知名度が高くない(とはいっても最近CMを打ち始めた)半面、評判がよく、インターネット回線の中でも業界最速の2Gbpsの速度が出ます。

NURO光は知名度がまだまだ低いので「胡散臭いインターネット回線」といわれがちですが、非常に優秀な回線なのです。

そこで、知名度の高いドコモ光とここ最近CMを打ち始めているNURO光はどちらがおすすめなのか、徹底的に比較してみました。

NURO光とドコモ光を比較してみた

まずはドコモ光とNURO光のスペックを以下の表にまとめてみました。

今回は、

  1. 契約条件
  2. 月額料金
  3. 最大速度
  4. 対象エリア
  5. 工事費用
  6. キャンペーン特典
  7. 大手携帯会社とのセット割り

この7点の視点からNURO光とドコモ光を比較していきたいと思います。

契約条件

まず、一番重要な契約条件について書いていきます。

NURO光に契約する際は「エリア・マンションに対応していれば利用可能」という条件になります。

ただし、対応エリアはまだ限られています。

参考:NUROひかりがエリア外の場合、どの回線がおすすめか??

それに対してドコモ光は「docomoの携帯に加入していなければ利用できない」という条件があります。

つまり、

  • 新規でdocomoの携帯電話に契約する
  • 元々docomoの携帯電話を利用している

これらの人しか契約できないことが、ドコモ光を使う際にネックになる点です。

端的にいうとdocomoの携帯を使ってない人はわざわざdocomoの携帯に契約せずに、NURO光もしくは他の光回線を利用したほうが話は早いです。

料金はNURO光のほうがやや安い

月額料金については、どちらもプロバイダ料込みで比較的安い部類に入りますが、NURO光のほうがドコモ光よりおよそ500円安いです。

 

ドコモ光でセキュリティや無線LANをレンタルする場合は月額料金がかかるため、NURO光の方がお得ですね。

また、マンションタイプでも比較してみるとNURO光のほうが最低料金が安くなっています。

なおNURO光のマンションタイプはマンション内での契約人数によって月額料金が変わってきます。

 

価格面:NURO光>docomo光

 

回線速度が速いのはNURO光

光回線で重要な最大通信速度はNURO光が2Gbps、ドコモ光が実測値で264Mbpsとなっており、NURO光のほうが圧倒的に速いです。

 

 

ただ開示されているドコモ光の速度は「実測値」となっており、一般的に実測値でこの速度は光回線の中でもかなり早い方です。

それに対してNURO光は「理想値」です。

「理論的には最大この速度が出ますよ」という意味なので、実際に測ってみると2Gbps出るわけではないので「実測値」を開示しているという観点ではドコモ光の速度はある程度信頼がおけます。

関連:NURO光の速度は実際に2Gbps出るのか??

 

ただし、実測値を開示していたとしてもネット上の口コミではドコモ光の速度に関してはかなり悪評が多いです…。

それに対してNURO光は、

見てのとおり、実際にTwitterでの口コミを見る限りNURO光のほうが速度面において優れているのがわかります。

 

速度面:NURO光>docomo光

 

対応エリアが拾いのはドコモ光

対応エリアについては、フレッツ回線で全国をカバーしているドコモ光のほうが優れています。

NURO光は関東の1都6県しか対応していない(※)ため、利用者はかなり限られてしまいます。

 

エリア面:NURO光<docomo光

※2018年5月追記

2018年1月末に対応エリアが拡大し、東海および関西の2府7県で利用できるようになりました。

工事費は無料キャンペーンがあるのでどちらも同じ

工事費はドコモ光が0円~18,000円(転用か新規かで異なる)、NURO光が40,000円とNURO光のほうが2倍以上かかります。

ただし、ドコモ光は分割支払い、NURO光は30ヶ月利用すると工事費が無料になります。

しかし、NURO光は途中で解約すると「未払い残債」を請求されますので、その点ご注意ください。

 

継続利用をすれば工事費用を支払わなくて大丈夫ですので、工事費用面においてもNURO光のほうがお得ですね。

 

工事特典面:NURO光>docomo光

 

NURO光ではキャッシュバックももらえる

ドコモ光では乗り換え時に違約金を上限3万円まで負担してくれるキャンペーンと、ドコモで利用できる「dポイント」10,260ptをもらうことができます。

ドコモ光:スマホ★光のりかえサポート

ただし、乗り換えでも違約金が発生しなかった場合や、完全新規の契約の場合はキャンペーンを利用できません。

一方NURO光はキャッシュバックとして35,000円を受け取ることができます。

NURO光:キャッシュバックキャンペーン

条件は「プロバイダであるSo-netの公式ページから申し込むだけ」と非常に緩いので、申し込めば確実に受け取ることができます。

関連:NURO光はSo-netがおすすめ!その理由を徹底解説!

キャンペーンについては、キャッシュバックが確実に受け取れるNURO光のほうがお得ですね。

 

特典面:NURO光>docomo光

 

大手携帯会社とのセット割り

大手携帯会社とセットで申し込むとドコモ光、NURO光が安くなる「セット割り」があります。

  • ドコモ光:ドコモの携帯電話が最大1100円割引(家族で利用の場合は最大3000円/月割引)になる「光セット割」
  • NURO光:Softbankの携帯電話が最大2000円割引になる「おうち割」

割引額は携帯電話の加入プランと光回線のマンションか、戸建てかによって変わります。

ドコモ光であれば100GB/月家族で利用できる超大容量プランだと月々3000円割引、一人用プランの5GB/月利用できる標準パックだと800円割引となります。

NURO光に関しては、30GB/月プランで月々2000割引き、5GB、10GBプランで1522円割引となっています。

同じ5GB/月プランでもややNURO光を選択ほうが割引額が大きくなる傾向があります。

 

大手携帯会社とのセット割り:NURO光>docomo光

 

結論:NURO光がおすすめだがデメリットもある

さきほど比較した結果を踏まえると、速度に関してはNURO光のほうがドコモ光よりも圧倒的に優れています。

それに加えて料金もNURO光のほうがずっと安く、35,000円のキャッシュバックももらえるNURO光のほうがおすすめです。

ただし、

NURO光は対応エリアの狭さがデメリットです。

エリア外の場合はNURO光を使いたくても使うことができません。

ヒカエもん
NURO光は全国で利用できないのが最大のデメリット!

関東圏外ならauひかりがおすすめ

もし関東圏外に住んでいてNURO光が使えない場合はauひかりがおすすめです。

auひかりの最大通信速度は上り・下りともに1Gbpsなので、理論上はドコモ光と同じです。

しかし、ドコモ光がフレッツ回線なのに対して、auひかりはNURO光のように独自回線を使っているので速い速度が出やすいです。

また、月額料金もドコモ光より100円安く、5,100円となっています。

キャッシュバックなどのキャンペーンをドコモ光より積極的に行っています。

>>>高額キャッシュバックがもらえるauひかりの代理店はこちら<<<

ただし、auひかりは対応エリアが36都道府県となっています。

NURO光よりは広いものの、関西地域など利用できない場所もあります。

NURO光もauひかりも利用できないエリアに住んでいる場合は、ドコモ光かSoftbank光を利用しましょう。

フレッツ光は支払いがプロバイダと回線が別々で、キャッシュバックなどもほとんどないためあまり旨みがありません。

それに対してドコモ光、Softbank光は高額キャッシュバックを貰うことができ、かつスマホ料金を抑えることができます。

  • ドコモ光:docomoの携帯を利用している場合は携帯の月額料金が安くなる
  • ソフトバンク光:Softbankの携帯を利用している場合は携帯の月額料金が安くなる

となっています。

docomoユーザーならドコモ光、SoftbankユーザーならSoftbank光を使うえばそれなりにお得になるわけですね。

基本的にスタンスとしてはNURO光かauひかりをおすすめしますが、もしエリア外の場合はドコモ光かソフトバンク光をおすすめします。

ヒカエもん
当サイトでおすすめの順は【NURO光>auひかり>光コラボ(ドコモ光、Softbank光)】の順でおすすめしているよ!

NURO光とauひかりは独自回線だから速度が速く安定しているんだ。

まとめ

今回はNURO光とドコモ光を比較してみました。

対応エリアではドコモ光のほうが圧倒的に広いですが、それ以外の速度や料金、キャンペーンについてはNURO光のほうが優れています。

そのため、もし関東に住んでいるならNURO光のほうがおすすめです。

関東以外に住んでいる場合も、可能であればauひかりをおすすめします。

auひかりも速度や料金、キャンペーンの面でドコモ光を上回っています。

NURO光、auひかりの両方が使えない場合はフレッツ光かドコモ光のどちらかになります。

ドコモ光はフレッツ回線を利用していますが、フレッツ光よりも料金が安く、プロバイダ料が別途かからないため支払いも1回で済むので、ドコモ光がおすすめです。

The following two tabs change content below.
ヒカエもん

ヒカエもん

元光回線販売員であるヒカエもんです。 3年間の光回線の販売経験を元にNURO光について徹底的に解説していきます。 座右の銘は「考えながら走ろう!」です。 「光回線を徹底比較!キャッシュバックが貰えるおすすめの回線はこれ!」も運営しておりますので是非参考にしてください。

-光回線比較記事

Copyright© NURO光の評判は!申し込みをするならキャッシュバックを確実にもらえるように , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.