NUROひかりを契約する前に注意するべき点・口コミ・お得に契約するためのキャッシュバックについて解説しました。

NUROひかりの評判は!申し込みをするならキャッシュバックを確実にもらえるように”

未分類

NURO光とdocomo光を比較

更新日:

PC作業

NORO光とdocomo光を比較

docomo光は大手携帯電話会社であるdocomoが提供している光回線サービスです。

docomoは知名度が高く契約者数も非常に多いので、ネットもdocomoにしようという人もいるかと思います。

一方NURO光は知名度が高くありませんが、業界最速と言われる回線速度が人気の光回線です。

docomo光とNURO光では、いったいどちらのほうが良いのでしょうか。

今回はNURO光とdocomo光を価格やサービス内容などから比較してみました。

NURO光とdocomo光を比較してみた

まずはdocomo光とNURO光のスペックを以下の表にまとめてみました。

docomo光 NURO光
月額料金 5,200円 4,743円
最大通信速度 下り1Gbps/上り1Gbps 下り2Gbps/上り1Gbps
対象エリア 全国 関東
工事費 18,000円(実質無料) 40,000円(実質無料)
キャンペーン 工事費無料、乗り換えサポート 工事費実質無料、キャッシュバック

回線速度が速いのはNURO光

光回線で重要な最大通信速度はNURO光が2Gbps、docomo光が1Gbpsとなっており、NURO光のほうが2倍速いです。

docomo光はフレッツ光の回線を利用しますが、フレッツ回線を利用する光回線は多数あるため利用者が多く、速度が遅いことが多いです。

NURO光は独自回線ですし、最大通信速度が速いので実速度も非常に速いです。

そのため回線速度はNURO光のほうが優れています。

速度面:NURO光>docomo光

 

料金もNURO光のほうがやや安い

月額料金についてはどちらもプロバイダ料込みで比較的安い部類に入りますが、NURO光のほうがdocomo光より500円近く安いです。

しかもNURO光の月額料金にはセキュリティと無線LAN機能の代金も含まれています。

ドコモ光でセキュリティや無線LANをレンタルする場合は月額料金がかかるため、NURO光の方がお得ですね。

価格面:NURO光>docomo光

対応エリアが多いのはドコモ光

対応エリアについては、フレッツ回線で全国をカバーしているdocomo光のほうが優れています。

NURO光は関東の1都6県しか対応していないため、利用者はかなり限られてしまいます。

エリア面:NURO光<docomo光

工事費は無料キャンペーンがあるのでどちらも同じ

工事費はdocomo光が18,000円、NURO光が40,000円とNURO光のほうが2倍以上かかります。

docomo光のほうがお得に感じるかもしれませんが、docomo光・NURO光ともに工事費が無料になるキャンペーンを実施しています。

つまり、キャンペーンによって両社とも工事費は無料になるので差はありません。

工事特典面:NURO光=docomo光

NURO光ではキャッシュバックももらえる

キャンペーンで比較すると、docomo光では乗り換えキャンペーン、NURO光ではキャッシュバックを実施しています。

docomo光の乗り換えキャンペーンは他社回線から乗り換えた際に発生した違約金を30,000円まで負担してくれるというものです。

確かにお得ではありますが、乗り換えでも違約金が発生しなかった場合や、完全新規の契約の場合はキャンペーンを利用できません。

また、このキャンペーンを利用するには違約金を支払った証明書を送付するなど手間もかかります。

一方NURO光はキャッシュバックとして30,000円を受け取ることができます。

条件はプロバイダであるSo-netの公式ページから申し込むだけと非常に緩いので、申し込めば確実に受け取ることができます。

キャンペーンについては、キャッシュバックが確実に受け取れるNURO光のほうがお得ですね。

特典面:NURO光>docomo光

結論:NURO光がおすすめだがデメリットもある

さきほど比較した結果を踏まえると、速度に関してはNURO光のほうがdocomo光よりも圧倒的に優れています。

それに加えて料金もNURO光のほうがずっと安く、30,000円のキャッシュバックももらえるNURO光のほうがおすすめです。

ただし、

NURO光は対応エリアの狭さがデメリットです。

関東にしかサービスを提供していないため、関東以外に住んでいる場合はNURO光を使いたくても使うことができません。

ソニン
NUROは関東でしか利用できないのが最大のデメリット!

関東圏外ならauひかりがおすすめ

もし関東圏外に住んでいてNURO光が使えない場合はauひかりがおすすめです。

auひかりの最大通信速度は上り・下りともに1Gbpsなので、理論上はdocomo光と同じです。

しかしdocomo光がフレッツ回線なのに対して、auひかりはNURO光のように独自回線を使っているので速い速度が出やすいです。

また、月額料金もdocomo光より100円安く、5,100円となっています。キャッシュバックなどのキャンペーンをdocomo光より積極的に行っています。

ただし、auひかりは対応エリアが36都道府県となっています。NURO光よりは広いものの、関西地域など利用できない場所もあります。

NURO光もauひかりも利用できないエリアに住んでいる場合は、docomo光かSoftbank光を利用しましょう。

フレッツ光は支払いがプロバイダと回線が別々で、キャッシュバックなどもほとんどないためあまり旨みがありません。

それに対してdocomo光、Softbank光は高額キャッシュバックを貰うことができ、かつスマホ料金を抑えることができます。

  • docomo光→docomoの携帯を利用している場合は携帯の月額料金が安くなる
  • ソフトバンク光→Softbankの携帯を利用している場合は携帯の月額料金が安くなる

となっています。

docomoユーザーならdocomo光、SoftbankユーザーならSoftbank光を使うエバそれなりにお得になるわけですね。

基本的にスタンスとしてはNURO光かauひかりをおすすめしますが、もしエリア外の場合はドコモ光かソフトバンク光をおすすめします。

ソニン
当サイトでおすすめの順は【NURO光>auひかり>光コラボ(docomo光、Softbank光)】の順でおすすめしているよ!NUROとauひかりは独自回線だから速度が速く安定しているんだ。

まとめ

今回はNURO光とdocomo光を比較してみました。

対応エリアではdocomo光のほうが圧倒的に広いですが、それ以外の速度や料金、キャンペーンについてはNURO光のほうが優れています。

そのため、もし関東に住んでいるならNURO光のほうがおすすめです。

関東以外に住んでいる場合も、可能であればauひかりをおすすめします。

auひかりも速度や料金、キャンペーンの面でdocomo光を上回っています。

NURO光、auひかりの両方が使えない場合はフレッツ光かdocomo光のどちらかになります。

docomo光はフレッツ回線を利用していますが、フレッツ光よりも料金が安く、プロバイダ料が別途かからないため支払いも1回で済みます。

そのため、docomo光がおすすめです。

-未分類

Copyright© NUROひかりの評判は!申し込みをするならキャッシュバックを確実にもらえるように” , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.