光回線のエリア

NUROひかりがエリア外の場合、どの回線がおすすめか??

更新日:

 

NURO光は速度が速く料金も安いということから人気が高い光回線です。

しかし対応エリアが非常に狭く、使える人が限られてしまいます。

住んでいる場所がNURO光に対応していない場合、どの光回線を使えばいいか迷ってしまう方もいると思います。

今回はNURO光の対応エリア外に住んでいる場合におすすめの光回線について解説します。

1. 関東圏内ならNUROひかりが圧倒的にオススメ

もしあなたが関東圏内に住んでいるなら、NURO光がおすすめです。

なぜならNURO光は回線速度と料金という光回線で最も重視する2つの点において、他の光回線を圧倒しているからです。

1.1. 回線速度は業界最速

NURO光がおすすめできる一番の理由は回線速度が速いことです。

NURO光と主要な光回線の最大速度を表にまとめてみました。

なお、フレッツ光は東西で違いがありますが、NURO光は関東でしか利用できないため、比較対象はフレッツ光東日本だけにしています。

下り 上り
NURO光 2Gbps(一部地域では10Gbps) 1Gbps
フレッツ光 1Gbps 1Gbps
auひかり 1Gbps 1Gbps
ドコモ光 1Gbps 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps 1Gbps

この表を見るとNURO光以外の主要な光回線は最大速度が1Gbpsとなっています。

対してNURO光は最大速度が2Gbpsと他の回線の2倍になっています。

しかもNURO光は一部地域には最大10Gbpsというさらに高速な光回線も提供しています。

1.2. 月額料金も安い

NURO光は速度が速いだけでなく月額料金も安いです。

ここではNURO光と主要な光回線の戸建てタイプの料金を表にまとめてみました。

月額料金 備考
NURO光 4,743円 プロバイダ利用料、無線LAN、セキュリティ込み
フレッツ光 4,600円 別途プロバイダ利用料がかかる
auひかり 5,100円 プロバイダ利用料込み
ドコモ光 5,200円 プロバイダ利用料込み
ソフトバンク光 5,200円 プロバイダ利用料込み

この表を見るとフレッツ光が一番安く感じますが、フレッツ光は別途プロバイダ利用料がかかるため、実質的な月額料金は5,000円ほどになります。

そうするとプロバイダ利用料込みで4,000円台であるNURO光が最も安くなります。

しかもNURO光の月額料金は無線LAN親機のレンタル代とセキュリティサービスの料金を含んでこの値段ですから、他の回線よりもかなりお得であると言えます。

これらの理由から、もし関東圏内の対応エリアに住んでいるならNURO光が圧倒的におすすめです。

2. 関東圏外の場合はauひかりがおすすめ

NURO光はおすすめできる光回線ですが、対応エリアが関東圏だけと非常に狭く、それ以外の地域に住んでいる方は利用できません。

もし関東圏外に住んでいる場合は「auひかり」がおすすめです。

2.1. 料金が安い

auひかりの戸建てタイプの月額料金は5,100円となっています。

NURO光よりは高いものの、フレッツ光やドコモ光など他の光回線と比べると安いです。

わずかな差ではありますが、長年使い続けるとその差も大きくなります。

2.2. 同じ1Gbpsでもフレッツ系より速い

auひかりの回線速度は1Gbpsなのでドコモ光やソフトバンク光などと数字上は同じです。

しかし、ドコモ光などはすべてフレッツ光の回線を利用する「コラボ光」なので利用者数が多く、回線が混雑して速度が下がりやすいです。

auひかりはフレッツ系とは違う独自の回線で利用者数がそこまで多くないので混雑しにくいです。

そのため、auひかりの方が速い速度が出やすいです。

2.3. auスマートバリューで携帯電話もお得

auスマートバリューはauひかりとauのスマホや携帯電話をセットで契約するとスマホや携帯電話の月額料金が割引されるサービスです。

割引額はスマホや携帯電話の契約プランによって異なりますが、最大で2年間の間は2,000円、それ以降は934円となっています。

auひかりは光回線単体でも安いですが、auスマートバリューでネットと携帯をセットにすればさらにお得になります。

auユーザーなら絶対におすすめです。

3. auひかりも圏外である場合は光コラボがオススメ

関東圏外ならauひかりがおすすめですが、エリアによってはauひかりも対応していない場合があります。

その場合はフレッツ光の回線を利用している「光コラボ」をおすすめします。

光コラボはフレッツ光と回線速度などは同じです。

しかし、各社が顧客を獲得するために様々なキャンペーンを行っていたり、料金が安かったりします。

そのため、フレッツ光よりコラボ光を使う方がおすすめです。

光コラボはたくさんの種類がありますが、その中でもおすすめはドコモ光とソフトバンク光です。

この2つの特徴を表にまとめました。

ドコモ光 ソフトバンク光
回線速度 上下1Gbps 上下1Gbps
月額料金 5,200円 5,200円
工事費 18,000円 24,000円
セット割 あり(ドコモ光 セット割) あり(おうち割 光セット)

ドコモ光とソフトバンク光はともにフレッツ回線を利用しているため回線速度はほぼ同じで、月額料金も全く同じになっています。

工事費についてはドコモ光のほうが安いですが、どちらも工事費無料キャンペーンがあるため実質同じです。

3.1. スマホとのセット割で決める

光コラボのドコモ光とソフトバンク光を利用する場合、どちらにするのが良いのでしょうか。

それは自分の使っているスマホでセット割が出来るかどうかで決めると良いでしょう。

セット割を利用すればネットと携帯電話のトータルではNURO光より安くなる場合もあります。

もしセット割が利用できる場合は積極的に利用しましょう。

3.2. あくまでも「NURO光やauひかりが利用できない」場合に限る

光コラボがおすすめなのはあくまでもNURO光やauひかりに対応していないエリアに住んでいる場合です。

速度やユーザーからの評判などはNURO光やauひかりのほうが上です。

 

NURO光もしくはauひかりと契約できる場合はそのどちらかと契約することをおすすめします。

番外編

これまで「光回線」という選択肢ばかりを出してきましたが、中には「WiMAXなどのポケットwifiを使う」という選択肢もあります。

WiMAX(ワイマックス)というのはスマホくらいのサイズのポケットwifiの種類の一つです。

基本的には固定回線としては光回線をおすすめしますが、近年WiMAXは非常に安定した速度が出るようになってきましたのもあり、
WiMAXも選択肢のひとつとしておすすめします。

参考になるサイト:WiMAX2+プロバイダの口コミ・評判は??おすすめはこれ!

4. まとめ

今回はNURO光の対応エリア外に住んでいる場合におすすめの光回線について解説しました。

NURO光は今一番おすすめの光回線ですが、対応エリアが関東だけと非常に狭いため、使いたくても対応エリアに住んでおらず契約できないという方も多いと思います。

NURO光が対応していないエリアに住んでいる方にはauひかりがおすすめです。

NURO光ほどではありませんが速度が速く、評判も良いです。

もしNURO光もau光も対応していない場合はフレッツ系の回線を使うことになりますが、フレッツ光よりも光コラボをおすすめします。

中でもドコモ光とソフトバンク光はスマホとのセット割があるため、ドコモユーザーはドコモ光、ソフトバンクユーザーはソフトバンク光を使うと良いでしょう。

-光回線のエリア

Copyright© NUROひかりの評判は!申し込みをするならキャッシュバックを確実にもらえるように” , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.